2022/5/24 追試

はあ。

◆本日の勉強時間 2h

たぶん。途中から勉強どころじゃなくなってしまった…

 

午前中から大学行って、勉強した…教員に教えて貰った文献をとりあえず一つ読み終わった。

そんなに長くないけど構文の難易度が高くてめちゃくちゃ時間かかった。

 

で、午後もそれを続けてたけど、途中で追試に関するメールが学長から来た…しかしフランスの採点や教育のシステムに慣れていないのでイマイチ理解出来なかったので、直接学長のオフィスに聞きに行った。

科目に分類があり、その分類の平均点数が5割行ってればOKで、後期の結果出てないけど前期の点数で5割到達してない科目の追試を受けるか決めろ、みたいな感じだった。

情報の授業だと満点なんだけど、そっちはさほど点数が必要になる様な科目じゃないんだよな…

20点満点で前期の5割未満は社会学入門(9)、法学入門(6)、ジェンダー論(6)、社会化(2)だった。社会化(2)は中間でも2点で、最終はもっと手応えあったんだけど…なんとなく教員がガイジン慣れして無くて言語が通じる軸が狭かったような気がしている。他の科目は中間試験よりも点数が良いか、悪くてもそこまで乖離しなかったので。

正直な所教員の教え方にもムラがあるんだよな。まあ言っても仕方ないんだけど。

とにかく、社会学入門は9点だったので後期のテストで巻き返せるかなって感じで点数保持にしてた。巻き返せなくても後期のテスト2回やる方が労力少ないし…

その他3つは再テスト…前期よりも点数下がったら泣けるけど、まあ2回目だし、と思いたい。

あとは後期の結果でまたどの科目の追試を受けるか追加で決まってくる…

前期よりはマシな筈だけど、いくつか不安な科目があり、そこがどう出るかって感じかな…弱い所の分類が一緒なので不安ばかりだ…

 

留年でもう一回勉強する事自体は仕方ないかなって思えるし、まあまあって感じではあるけど、メンタルが辛いな。「頑張ったのに」って落胆と、「もう1年コレやるのか」という心労的なキツさ。もしかすると単位を保持出来たりするのかもしれないけど、そのためにもう1年は時間の無駄感が凄い。

うちの大学は何年もいるような所じゃないと思ってるし。

まあその辺も含めて頑張ります…

 

あとはアパートも決めないとだし、色々大変だなあ…

そんなところでした。

2022/5/23

さて今日。

◆本日の勉強時間 3h

たぶん。

ベルサイユの図書館行って印刷も考えたけど、面倒臭すぎて結局辞めた。

そして大学行って午後から勉強した。

一応順調に進んでいるけど、もう少し効率上げたいな。

 

まあでも勉強興味のある文献なんかはやり出すと楽しくて、ついやってしまうんだよな。やるべき事もあるんだけどね。

 

そんなところでした。

2022/5/22

さて。

◆本日の勉強時間 1h

たぶん。

実際はそんなにやってなさそう。

一応多少はやったと思う。

 

土曜日ダメだったので、別な所に内見を入れて、午後見に行った。

そこは大学からも近くて悪くなかったけど、住宅補助について聞いたら「APLじゃなくてALSだ」って言われたんだよなあ。

以前ALSで受給したことがあり、その場合だとAPLの半分の支給額で困惑した記憶がある。

色々調べたら計算方法が違うみたいだけど、金額はどう計算されるか良く分からない。

仕事の有無も当然関係あるけど、ALSになってたのが仕事していたからなのかどうか、イマイチはっきりせず、予算目一杯でそこに入居する気にはなれなかった…

他にも良い物件あったんだけど、洗濯機なかったりとか微妙に何かないんだよな。

別に理想が高いとは思わないんだけど…

 

しかし面白いなって思ったのは、大家さんたちはだいたい「なぜ部屋を貸すのか」を聞かなくても説明してくれて、大抵「お金の為ではないんだよね」って説明される。

これはたぶん本当で、長期的な関係に支障が出る様な嘘はつかない。全部疑う羽目になって訳が分からなくなるので…

逆に嘘ではない要素をこちらの条件に合う様に並べて、ここが良くないか?みたいに勧めて来る。これは文化の違いなんだろうけど、南仏だとあまりなかった経験かな。

 

そんなところかな。

2022/5/21 引越し先決まらず…

さて。

◆本日の勉強時間 0h

何やったかほとんど覚えてない。

 

とりあえずまあなんか勉強の整理やらなんやらかな…

あとは友達と話したり。

 

金曜日に言った物件に、そちらの部屋にする旨を伝えた所、他にビジターがいるからそっちが終わってから、みたいな話になった。

要するに断られた…

これはあとから判明したけど、実際は嘘で、たぶん私に入居してもらいたくなかったのだと思う。

なんかフランス人の男の方はそんなに合わなそうだったというか、チュニジア人の女の人と私は同じ外国人だし、彼女はモンペリエに住んでいたし、結構話が弾んだのだけど、男の人の方はそんなでもなかった。

まあ私が持ち帰って考えるという話をしたのもあったと思う、その場で決めてたらたぶん入居が確定してた。

彼が一番長く住んでるし、大家さんも彼に誰を入れるかとかは任せているのだと思うな。

そして女の人と軽く口論していたのもあり、私が来ると不利になるとかそういう風に感じたのかもしれない。

彼女は9月まではいるけど、その先は仕事次第で引越しの可能性もあり、彼と2人で生活する事も考えると、まあ悪くない結果かもしれないな。

 

そんなところでした。

 

2022/5/20

さて。

◆本日の勉強時間 2h

たぶん?

 

朝起きてから9時に大学着くように早めに出た。

なぜならオンラインの仏語コースがあったので…で、1時間半の授業の後、取りあえずフランス語コースのタスクを一つ終わらせた。

私は日本人に仏語教わるのは初めてなんだけど、だいぶ

 

あとは社会学の教員が教えてくれたポッドキャストをメモを取りながら聞いてみた…正味4回目くらいだけど、最初全然意味が分からなくて困惑した…でもメモ取りながら聞いたら意外と意味が分かって来て、話し方や内容の冗長さで分かり易くなったり分かり難くなったりすることが分かった。

 

その後、内見の予約が取れたので夜に行く事になった。

夜20時からで微妙な時間になったけど、まあなんとか夕飯食べたりできたので良かった。

 

正直なところ部屋はそこまで凄い良いって感じではなかったけど、それでもルームメイトがかなりフレンドリーで打ち解けられたと思う。

大学まで徒歩10分くらいだし、いつも徒歩30分歩いて大学と自宅を行き来している事を考えると悪くない。

 

ただ部屋に家具が殆どなくて、枕と掛け布団とライトは買わないといけない。そこにコストが掛かるのと、アパートが住宅街にあって窓からの景色がさほど良くないとか、そういう所が気になった。

家賃は今より若干高いけど、そこまで気にならないかな。

1つ言えるのは、南仏に住んでた時の方が家賃相場は安くて、コスパが良かったんだよな。

 

そんなところでした。

2022/5/19 家賃交渉

さて。

◆本日の勉強時間 2h

たぶん。

 

家探し大変だな…

午前中、割と遅く起きた事もあり、家探しを改めてやって、それから大学行って昼ご飯食べて勉強した。

そして午後は先週末内見に行ったところのアパートの家賃交渉をやってみた。

結果はボツで、内見時に値下げしてくれた以上には下げてくれなかった…交渉前に親に相談したら、やたら「なめられてるからもっと強気で」とか言われたけど、そういう問題じゃなくてフツーにそういう対応だな、と思ったな…まあ親もすべての状況が把握できる訳じゃないのでアレだけど。

 

その後色々と考えて、ベルサイユから大学通う事とか、友達いないのでパリに行く際の利便性とか悩んだ。

そして改めて予算と相談してみたら、少し予算が具体的に考え直せた。

そして結局「友達がいないからパリへの利便性」という発想なら、大学近くでルームシェアをして、友達になれそうな人たちと一緒に住むのが良いんだろうな、と思ったんだよな。

今の所どこのルームシェアの人達もかなり住人を慎重に選んでいて、そういう点は南仏と違うし、ある意味対等でもあるのかな、と思ったりした。

 

そんなところでした。

2022/5/18

さて。

◆本日の勉強時間 2h

たぶん。

午前中は早く起きて、大学行って勉強した。

休憩室に自習室があり、そこを試しに使ってみたけど、やはり静かな環境だと全然集中力が持続する…

試験の方はというと、まあ悪くない…と願いたい。

一応授業の内容自体はほぼ網羅出来ていたけど、全体を論証したり説明出来るレベルになかったので、そこが反省点かな。

 

今回の期末試験は全体的にそう悪いものではなかったというか、前期に比べると圧倒的に手応えがあった。

 

終わってからは、日本の友達と通話した。

最近人と話してなかった事を良くも悪くも実感したな…

 

そんなところでした。