2021/8/4 内見

さて。

◆本日の勉強時間 1h

テキスト 1h

◇明日のタスク

家探し

ちょっと友達の家だしどこまで集中できるか謎だけど、とりあえず明日は1時間勉強してみる…

 

今日は午前中はほとんど寝てた。疲れすぎて動く気力が無かったというのが正しい。

友達は週6日でバスケを教えているので仕事行ったけど、流石にスポーツマンは体力がちょっと違うなって思う…

 

午後は内見の予定があったのでモンパルナスら辺に向かった。

今いる所からだとアクセスが悪くてちょっと困ったけど、バスで行くことにした。

しかし全然話聞いてなかったのでなんか良く分からんけど途中でバスを降ろされて、そこから徒歩で向かう事にした。元々ちょっと遅れ気味だったので連絡してOK貰った。

で、着いたら結構立派な建物で恐る恐る入った。

 

出迎えてくれたのは50代くらいの身長180㎝くらいあるオジサンだった。

電話で話した時と同じように紳士で優しい印象を受けたな。

アパート自体はちょっと日本だと古民家扱いされそうな古さで、家賃は650€とちょっと高めだった。この時点で大学へ通うのに1本で行けない事と、家賃の高さ的に難しいと思った。

ただ大家さんのおじさんはかなり博識な印象があって、アパートもなんか良く分からない本や書類が詰まった棚があったし、廊下には浮世絵が飾ってあってオークションで競り落としたとか言ってた。

なんか電話でもバカンスの間パリにいるか聞いたら「パリから出るなんて事は無いよ」って言ってたし、異様にパリに執着があるのか分からないけど、モンペリエでフランス語の勉強をしていた話をしたら「なんであんな訳の分からないアクセントで話すようなところで…」みたいな言い方をされたのは結構イラっとした。

ちょっと前だったら「こんな所誰が住むか…」と思っただろうけど、今はまあそういう人なんだな~と思って受け流せるくらいには大人になったらしい。

それでなんか軽く身の上話しててたら「なぜフランスで社会学を学びたいの?」という話になり、「パリの街並みの美しさに衝撃を受けて、文化の違いを知りたくなった」という話をしたら、「パリの街並みを変えようっていう試みはナポレオン三世が始めた事だけど、コンコルド広場なんかは昔民家が沢山あったのを全部破壊したんだよ、信じられないよね」っていう話をしてくれた。他にも「イタリアのフローレンスと言う街には有名な長い回廊があるけど、アレは王様の身勝手でやらせたんだよ」みたいな話もしてくれて、ヨーロッパの特権階級の罪深さの様な物を味わった。

なんかこういう話を聞いて思ったのは、直感的な美さや先進性の背景には常に暴力があるのかな、などと思ったりした。

大家さんのは他にもちょこちょこ話をしてた気がするけど、大体こんな感じだったかな。あと結構明確に西暦を覚えていて、それもちょっと博識な印象を強調する要素になっていたな…私はそういうの出来る気がしないので。

 

で、アパートを後にした。家賃やら条件は合わなかったけど、短い会話の中で学ぶことが多かった…暫く色々脳が働いていたな。

 

そして帰りはどうしようかと考えあぐねいていたけど、結局直帰して、止めて貰ってるし、仕事してる友達のために夕飯作ろうと思って買い出しに行くことにした。

で、メトロに乗ったらひと駅で急に営業終了…工事が理由みたいだけど、さっきもバス降ろされたしうんざりした。

でも地上に出たら代替のバスがあってそれで戻る事が出来た…良かった。

 

それから買い出しして今夕食を作った。

 

友達の帰宅後、一緒にご飯食べて、また取り留めも無く話したな。

 

そんなところでした。

2021/8/3 引越し

さて。
◆本日の勉強時間 0h
◇明日のタスク
内見

今日はモンペリエを去ってパリにある友達の家にお邪魔している。
正直朝から結構散々だったな…

 

まず朝7時半に起きて、最後の荷造りとアパートの掃除をした。
コーンフレークのための牛乳を買い忘れたので買い出しに行き、まあなんとか出発までに全部終わらせることが出来た。
9時半過ぎに家を出て、トラムで中心部の駅に向かう。

 

で、いつもの様に電光掲示板の前でどのホームから電車が出発するか見ていたら、なんと乗る予定の電車が1時間遅れになった…
10時20分発のところが11時20分発になった。
まあ友達の仕事が終わるまでアパートには入れないので、どの道19時前くらいまでは時間を潰す必要があるのでまあ良いか…と思った。


で、駅の隅っこで1時間ボーっと過ごした後、電車が来たので乗り込んだんだけど、私の乗る予定の8号車が見つからず、しかも1時間遅れているので結構急かされている感じだった。
それで前から車両の表示を見て言ったけど、11号車から始まっていて8号車は本当にあるのか…?という疑問を持たざるを得なかった。
それに手違いで表示ミスという事もフランスでは起こり得るので、とっさの判断で18号車に乗り込んだ。
で、ご丁寧に座席番号も800台で全車両で座席に通し番号が振ってあるかのようだった。なので該当する座席に向かった(車両番号は違うけど)が、既に人がいて「アレ?」ってなった。


なので8号車を探しにもう一度外に出ようと思ったけど、電車が出発するギリギリ前で降りることが出来ず、車両の踊り場で待機する羽目になった。

 

そして電車が動きだしてから暫く考えていたけど、事情が呑み込めなくて困惑した。それでトイレに来たマダムに事情を話したら付き合ってくれて、最終的に一緒に私の座席と思われるところに座っている人と話してくれた。


で、なんか周りの人の反応もそうだし、座ってた人のチケットの番号もあってたので私が間違ってるらしい、ということが判明した。でも本当に8号車があって座席番号もあっているかは確認のしようが無いのでこの時点ではまだ半信半疑だった。
次の駅で聞いてみるかと思ってまた踊り場で待機してたら、掃除のオジサンが来たのでついでにきいたら、すぐ次の車両だよって教えてくれた。
なんか2つの列車が連結していて、どこかで目的地が分岐するらしく、そのためにややこしい車両番号が振られている事がこの時点で初めてわかった。
結局、私はリヨンまで1時間ほど立って過ごし、リヨンでやっと自分の座席に着くことが出来た…

まあ色々と初めての事が重なったし、自分が間違ってるのかシステムが間違ってるのかイマイチ分からない事も多いので大変だなあ、となった行きの電車だった。

無事パリに着いた後は、とりあえず友達のアパートの近くのカフェで時間を潰そうと思ってアパートに向かった。
しかし着いたは良いものの、近くにカフェななんて無いし、もう公園で良いやってなった。
しかしトイレに行きたかったので、彷徨って公共のトイレを見つけて事なきを得た。
しかしカフェはそこら辺にたくさんあると思ったけど、まあ場所にもよるし、コロナでそれなりの数のカフェが営業してないみたいだった…

あとパリは凄い寒い…南仏の空と太陽が既に恋しくなっている…

 

で、友達の仕事が終わるまでエッフェル塔近辺をスーツケースを持ってバックパック担ぎながらウロウロした。

結局19時半くらいに彼のアパートにお邪魔出来たな。

そこから外でご飯食べようってなって、近くのレストランでピザ食べたけど、そこは料理が微妙だった…

そしてその後散歩と称してパリの街中を0時近くまでウロウロした。

凄い疲れてたので寝たかったけど、まあ1年ぶりに会ってテンション上がってて結構な距離を移動したな。

 

帰宅後はシャワー浴びてから1時くらいに床に就いて、なんやかんやと文化の違いやらなんやらについて取り留めも無く話した。

たぶん3時くらいまで話してたと思う…

 

これは余談だけど、街中で出会ったアルジェリア人のおじさんと軽くフランス語で談笑して、その後友達と話してて気付いたのは、こちらの人は政治の話するが好きで、彼が中国人と知るや否やウイグルの話をはじめ、私が日本人と分かるとオリンピックの話を振って来た…大体そういう意識高いっぽい話を吹っかけてくる人は理解する気が無くて、批判したいだけみたいなところあるのでそこは結構ウンザリするんだよな。

 

そんなところでした。

2021/8/2

ふう。

◆本日の勉強時間 0h

◇明日のタスク

色々書きたいけど、もう日付変わってるし早いところ寝る…

遂にモンペリエを去る日がやって来た。

感慨深い。ここを去るときは日本に帰る時の筈だったけど、パリに向かい、少なくとも向こう3年はフランスで過ごす予定だ…

 

朝準備を始めて、最初近くの村に最後行こうと思ってたけど、バスの時間もあるので午前中に家計簿付けてたらギリギリになり、結局いろいろと時間を鑑みて村観光は中止した。まあまた来ればいいかな…

 

で、ご飯食べてから小切手を現金化しに行った。最後に見納めだと思ってついでに散歩した。

で、帰宅してから荷造りしてたら夕方に先日挨拶に行った日本人の人からメッセが来て、「今パリでこれから仕事するフランス人といるけど折角だし会ってみるか?」って聞かれて、10分くらい引越しの荷物ながめて迷ってたけど、結局行くことにした。

 

で、中心街のカフェで合流して3人でしばらく話したけど、最後に良い話が聞けたので良かった。

彼女は元々モンペリエの人だけど、パリに8月末に行く予定で、仕事はアート系のソーシャルワーカーをしている、という話だった。結構面白そうな話をしていて、アートに関する仕事を障害者とか社会的に脆弱な人達と結びつける仕事、みたいな話をしていた。

パリで困った事あったら連絡してね~くらいだったけど、普通に興味深い話だったな…

で、話の流れで私が絵を描く話をして絵を見せたら、モンマルトルで似顔絵書いて売れば?って日本人の人に言われて、ちょっと舞い上がってしまったな。

学業の片手間に絵を描いて売るなんて、まるで岡本太郎じゃないか…

まあフランス人の人の反応は良く覚えてないけど、まあそうね~みたいな感じだったかな。

一応連絡先は交換して、絵を描くアソシエーションとかないか聞いておいた。

 

帰宅後は地道に荷造りしてさっきやっと終わった…

 

だいぶ散漫としてるけど疲れてるし明日もあるのでもう寝ます…

そんなところでした。

2021/8/1

もう8月か…

◆本日の勉強時間 0h

◇明日のタスク

荷造り

 

今日は大掃除をした。ざっと3-4時間かかったのかな…

キッチンとリビング、自室、廊下、浴室と全部綺麗にした。

まさかの掃除とか部屋の状態とか見ないで退去の手続きは済ませてしまったので、掃除とかせずに出ていく事もまあ出来るっちゃ出来るけど、さすがにそれはないだろうって信頼されたし、日本人的にもやらずにはおれないよね…

それにしてもちょっと部屋出るの遅くなって良いか聞いたら、「いつでも良いよ~」とか言う緩さだった。謎だけど超良い人。

掃除の方はまあ徹底的にって言うほどやってないけど、次の人が内見する時に綺麗に見える様に、みたいな事は言われたのでそれなりに頑張った。アパートが広い分ちょっと大変だったけど。

 

午後はダラダラしながら書き物を進めた。

そんなに進んでないけど、流石にほぼ1か月経つので引っ越す前に公開できる形にしたい。

添削に次ぐ添削と修正・加筆みたいな事やってたら無限に時間が経ってしまった。

まあそれでも多少は意義のある事言えそうだし、今見返しても見当違いな事は書いてないのでそれなりの質にはなっている…と願いたい。

 

そんなところでした。

 

 

2021/7/31

さて。

◆本日の勉強時間

読解

◇明日のタスク

大掃除

読解は本当に最低限て感じだ…しかし勉強も掃除もせず一体何をして過ごしているのか…スマホ弄ってるだけやな…

なんかそわそわして何も出来ない…引っ越し準備を始めるのが早すぎた気がする。

一応予定としては明日掃除をひと通り済ませて、月曜日時間を作って近くの村に観光しようかな~と思っている。

 

今日はボーっとしてたけど、15分くらい勉強して一応やる事を済ませた。

午後17時からお世話になった日本人の人の所に挨拶に行く予定だったので、一応スケジュールを想定してたけど、昼飯作るのに時間がかかって思う様に進まなかった…

 

で、16時半くらいに手土産を持って家にお邪魔した。

近況やら話したけど、やっぱりまだパリでの生活はイメージ出来ていない…

参考になったのは大学の話かな。やはり大学入ってしまえば他の大学に編入するのは割と簡単だし、3年目で大学変えてる人は結構いるとの事だった。

そしてマスターまでその人は取ってるけど、「学士の1年目が一番きついから頑張って」って言われた…マスターまで来ると専門用語とかに慣れてそこまで難しくなくなるらしい。とりあえず何の話をしてるかは分かる、みたいな。

あとは取れるならPhDも取っちゃいな~って言ってたな。

まあ哲学科出た人は仕事が無かったとか言ってたので、PhDはある程度就職先とかちゃんと考えてやる必要があるだろうな、と思うけど。

 

そんなところかな…

 

2021/7/30

さて。

◆本日の勉強時間 30m

読解

◇明日のタスク

読解 1h

掃除

一応フランス語に手を付けたけど、全然捗らない。

掃除もやったけど、なんというか出発までまだ使うのでイマイチやる気が起きてないな。

こういう引越しまでの微妙な間は落ち着かず何もする気にならないので良くない…

それに今週はあまり人と会話してなくて、それもちょっと良くないと思っている。

まあいずれにせよ今日はちょっと掃除してあとはほとんどダラダラするだけで終ってしまった…

明日は人と会う予定もあるし、もうちょっと勉強やら作業のために場所変えるなり意識したいかな…

 

そんなところでした。

2021/7/29 2年間のフランス語の勉強を振り返って

今日は何したっけな。

◆本日の勉強時間 0h

◇明日のタスク

勉強会準備 1h

掃除

今日は勉強しようと思ったけどまあやる気起きなかったな。

なのでまあまあダラダラして過ごしたと思う…

 

午後からフランス語の勉強で使ったノートやらプリントやらの整理をした。

途中酒買いに買い物行ったりしたけど、最終的に4時間くらいかけている物といらない物を整理した。

買って来たワインを飲み、オリンピックの中継観ながら整理してたらなんだか夏休みの様な気分になった。

多分テレビでやってる競技会場なんかが実家に近いせいもあって、馴染みのある景色が映っていた事もあると思う。

なんか不思議な感じがしたな。

結局プリントとかテキストは半分くらいに減らして、まだ多いけどまあだいぶ減らせたから良いかな。重さも減ったし。

ひと通り目を通して、理解が浅い部分とか気になったところを切り取ってファイリングした。そんなに無かったのでほぼほぼ捨てる感じになったけど。

しかし見返してて色々過去を思い出した。

最初のA2のクラスだと授業でめちゃくちゃ動詞の活用やらされて、今見たらびっくりするくらい紙に書いて覚えた事、関係代名詞が全然理解出来なくてフランス人の友達に聞きまくった事、家庭教師の先生に教えて貰った事、各テストの点数、バカンス期間の勉強計画、モチベーションが無くなった時の愚痴などなど…

 

改めて気付いた点が2つくらいあったかな。

1つは単語の暗記やら動詞の活用やらひたすら紙に書いて覚える事をやってたけど、力尽きると全く勉強しなくなるという、反動があった。このやり方は短期で頭に叩き込めるって言うメリットは確かにある。

今はそういう勉強の仕方してないし、ここ最近は色々やる事あって勉強捗ってないけど、それでも継続するモチベーションがある。

だから詰めても効率そんなに変わらないのかな、っていう…

2つ目はフランス語出来ないな~っていう話。

なんかA2のクラスの最初期は悪くない点数取れていたけど、レベルが上がってくると点数が徐々に下がっていくのが見返していて凄く分かり易かった。

これは語学のレベルが1つ上がる毎に必要な勉強時間は増えていくので、レベルが上がっているのに同じ時間勉強していては追いつかなくなるのが当たり前なんだと思う…

まあ私の場合半年ほど学校行ってなかった時期があるので、そこで追いつけるくらいやればよかったんだけど、まあコロナ1年目だったし気持ちにそこまで余裕がなかったと思う。

 

なのでまあ、もっとフランス語頑張ろう、と思えたのが大きかったし、確実に前進している事も実感できた。

10代の時の勉強よりも遥かに感慨深いものがあるし、色んな思い出も蘇った。

これからまた新たな地で違う勉強をするんだな~という不安とワクワク、そしてこの地を離れるという寂しさもあって複雑な気持ちだ。

 

そんなところでした。